夏にも使いやすい高反発マットレス

夏になったときのことを考えずにマットレスを購入してしまうと、だんだん季節がかわって暑くなってきたときに、せっかく新調したマットレスだったのによく
眠れなくなってしまうことがあります。
それはマットレスの通気性の悪さからくる不快感が原因といえます。
低反発マットレスでも高反発マットレスでも、ウレタン素材のものだと、一般的に通気性は悪いですが、やはり低反発マットレスだとただでさえ反発性が低くカ
ラダ全体にフィットするような構造となっているので、暑くなってくる時期にはカラダにまとわりつくような感触があって、安眠できなくなってしまいます。当
然低反発マットレスだとカラダに密着した面ではムレが起こるために汗をかいてもまったく蒸発できずに、単に眠りにくくなるというだけではなく、あせもなど
の皮膚トラブルが起こってしまうことも考えられます。
それと比べて、高反発マットレスならもしもウレタンであってもある程度の反発性があるので低反発マットレスと比べてもカラダへの密着性は低いのでムレも起
こりにくいです。
さらに高反発マットレスでもウレタン以外の網目状の構造になっているタイプのマットレスの場合には、ウレタンとはまったく違ってかなりの通気性を確保する
ことができます。
このような、3次元の網目構造になっている高反発マットレスは、目でみてもすぐにわかるくらいに中がスカスカなので、湿気もこもりませんが、しっかり弾力
はあるので安心です。