高反発マットレスの素材について

高反発マットレスとひとくちに言っても、その種類はひとつではなく、さまざまな素材が使われているのでさらに細かく高反発マットレスを分類していくことが
できます。
高反発マットレスを大きく分ければ、ウレタンや3次元の網目のような素材という2つに分けることができます。
3次元の網目状の構造というのは、たとえば電車の座席のクッションなどにも使われていたりする素材で、毎日何人もの人が座ってもへたることがないように、
かなり高い反発力を持っていることがわかります。
こうした素材は、一見すると中身がスカスカになっているのでちゃんとカラダを支えてくれるのか不安になってしまうかもしれませんが、糸のような素材が絡ま
りあっているような形状をしていて、かなりの密度があるので弾力は十分にあります。
ですがウレタンとはちがって空気の層をたくさん作ってくれるので、ウレタンで不快に感じてしまうような通気性の悪さもなく、夏の暑い時期であっても爽快感
を感じながら眠ることができるでしょう。
こうした素材の高反発マットレスなら、ほとんどが空気の層ということもあって、水を吸収してしまうこともなく、水も通してしまうような特徴があります。
ですので高反発マットレスでも丸洗いできる素材なので、いつでも清潔に使っていくことができます。この素材の特性から、水洗いをしたとしてもすぐに乾いて
くれるのも大きなポイントで、立てかけておけば水が切れるしくみです。