2種類のマットレスについて

マットレスには2種類があります。一つは低反発マットレスで、もう一つは高反発マットレスです。
低反発マットレスは睡眠時に体の圧力のかかっている部分がゆっくりと沈み込むのに対して、
高反発マットレスは睡眠中に体の圧力がかかってもあまり沈み込まないという特徴があります。

高反発マットレスは睡眠中でもあまり沈み込まないため、睡眠姿勢を維持しやすいということがあります。
理想的な睡眠姿勢は、たっている姿勢が理想的な姿勢といわれています。
その点、低反発マットレスは沈み込むことが特徴なのですが、
その反面、沈みすぎることにより、姿勢が崩れ、腰痛や肩こりの原因になるともいわれています。

ですから、腰痛を持っている人はあまり低反発マットレスは向いていません。
その点、高反発マットレスは体を支えることで、背骨がs字カーブの状態になります。
その上、素材が固めのものが多いため、寝返りをうつことが簡単にでき、
体の一部に常に圧力がかかることを防ぎます。

それ以外の高反発マットレスのメリットは、復元力に優れ、また耐久性が優れていること、通気性があることがあげられます。
復元力に関しては、「モットン」と言うマットレスがサイトに耐久性テストの結果を載せているので見てみるとよいでしょう。
ですが、高反発マットレスは多少価格が高いのが欠点になります。
ものによっては数十万するものまりますから、よく選ぶ必要がございます。